信用取引による株式投資

株式投資の2種類の取引方法

株式投資の取引手法には、現物取引と信用取引があります。現物取引は自己資金のみで行う取引で、信用取引は証券会社からお金を借りて行う取引です。株式投資をするには口座を開設することが必要になりますが、口座を開設すると誰でも現物取引をすることが可能になります。信用取引をするには特別な審査を受けて審査に合格することが必要です。ある程度の投資のキャリアがないと審査に合格することはできないため、株式投資の初心者が審査に合格することは非常に難しいです。初心者の人は、まずは現物取引で経験を重ねてから審査を受けるようにします。3年程度のキャリアがあれば合格する可能性が高いので、まず3年間は現物取引をして投資に慣れることが先決です。

株式投資の信用取引のメリット

株式投資の信用取引のメリットは、自己資金の3倍の金額の取引ができるようになることです。100万円の自己資金がある場合、現物取引では100万円までの取引しかできませんが、信用取引だと最高300万円までの取引をすることが可能になります。そのため、自己資金が少なくても大きな金額の取引が可能になり、ハイリターンを狙えます。空売りができることも大きなメリットで、株価が下落局面にある場合でも利益を得ることができます。現物取引では空売りをすることができないので、空売りができることは大きな魅力です。注意点としては、ハイリターンを狙える反面、損失が膨らむことがあるので、リスク管理をしっかりと行うことが大事になります。