信用取引に関すること

少ない軍資金で利益を大きく得る

信用取引は、元手が少ない軍資金で大きな取引が出来る事が特徴となっています。現物取引と違って株を購入すると毎日その銘柄に対して利息を支払うことと、一割以上の損をすると自動的に裁決をすることが特徴となっています。現物取引では株を買い、それを売ることでひとつの取引が終了しますが信用取引の場合、手元に株が無くても信用売りあるいは空売りと呼ばれる株値が下がれば下がるほど利益が出る取引がシステムが確立されています。手数料は現物の取引に比べて安くなっており、空売りを併用すれば相場が下降局面と判断できたら対応することができ、収益獲得のチャンスは大きく広がります。また証券会社によっては貸株サービスがあり株を持っていたら利息が貰える制度があります。

つなぎ売りが出来る強み

上場している会社には幾つか株式優待が存在してます。しかし直前に株を購入すると権利落ちと呼ばれる時期に、配当金や優待以上の値下がりをして旨みが少ない事が有ります。信用取引にある信用売りを利用すれば、権利落ちの前営業日で希望している優待株を購入し、約定した後に購入した銘柄を銘柄を同じ数だけ空売りするつなぎ売りと呼ばれる方法があります。これを利用すれば株主優待が格安で手に入ることができるメリットがあるのです。空売りをする株数が増加した場合、銘柄によっては多額の逆日歩が発生することがありますが、それでも人気のある優待は、ネットオークションで落札するよりかはつなぎ売りをしたほうが、安く購入することができます。