信用取引のメリットとデメリットについて

レバレッジと空(から)売り

株式投資に興味を持たれている方は、信用取引という言葉を聞いたことがあるかもしれません。信用取引とは、自分の信用を担保にすることで、用意している投資資金以上に株式投資を行うことです。具体的には、自身のお金や株式を肩代わりにして、証券会社から投資資金を借りて取引を行うことになります。信用取引のメリットをいくつか紹介します。まずは、所持している資金以上の株式の取引が行えることです。これをレバレッジ(てこ)効果と言います。次に、株価が下降トレンドにある時でも利益を出せることです。株式投資の基本は安く買って高く売ることですが、信用取引の場合はまず高く売ってから安く買い戻すことで利益を得ることが可能になります。これを空(から)売りと言います。

デメリットの正しい理解

信用取引のメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットも存在します。まず一つ目に、金利が生じるという点です。お金を借りている以上は無利子という訳にはいかず、金利が発生します。つまり、通常の手数料に加えて金利の支払いが必要になりますので、その点を考慮する必要があります。二つ目に、追加保証金の存在です。追証(おいしょう)と呼ばれ、担保として保有する株式を利用する場合、下落して担保の金額に満たなくなった場合に請求され、処理を行わなければ取引ができなくなります。最後に、破産する可能性があるという点です。信用買いをした銘柄が暴落した場合、あるいは信用売り(空売り)した銘柄が暴騰した場合などは、保有する資金以上のお金が必要になりますので、注意が必要です。

信用取引の保証金は、取引する金額や利用の金融機関によって異なります。検討する際には比較が重要となります。